MENU

Infection control

院内感染対策

*

患者さん・スタッフのために
中垣歯科医院では
院内感染対策として
下記の10個の対策
行っています!
  • コロナウィルス、インフルエンザ、ノロウィルス
  • 肝炎ウィルス、エイズウィルス、O-157、その他細菌やウィルス、「院内感染対策」

歯周病対策による口腔内の衛生

歯周病対策による口腔内の衛生

以前から問題になっていた院内感染
コロナウィルスが騒がれる前から、
切削ドリルの使いまわしなど院内感染は問題となっていました。
中垣歯科医院は医院建築の設計段階から感染対策を考慮に入れた
設計をするなど、院内感染対策に開院当初より注力しています。

*

当院が行っている
感染予防の10個の対策

清潔・安全の証明・外来環取得

記事を見る

外来環=歯科外来環境体制は
清潔・安全の基準!
切削ドリルの7割が滅菌せずに使いまわしされていることが報道されて問題となった時に、週刊誌・「女性自身」では厚生労働省が指定した「外来環=歯科外来環境体制」清潔・安全の基準として報じられました。

中垣歯科医院は、
平成20年4月の保険改定により厚生労働省の指定した安全基準

歯科外来診療境体制クリアした医院です。

平成20年8月1日取得

「外来環」の取得は清潔・安全の証明:取得率は全国の歯科医院の約10%

外来環取得のための安全基準

外来環取得基準要件書<br>(クリックして拡大表示)

外来環取得基準要件書
(クリックして拡大表示)

  • ア)歯科医療を担当する保険医療機関(歯科点数表の地域歯科診療支援病院歯科初診料にかかる施設基準に適合するものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関を除く。)であること。
  • イ)歯科点数表の初診料の注1に係る施設基準の届出を行っていること。
  • ウ)偶発症に対する緊急時の対応、医療事故対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
  • エ)歯科医師が複数名配置されていること又は歯科医師及び歯科衛生士がそれぞれ一名以上配置されていること。
  • オ)

    患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。また、自動体外式除細動器(AED)については保有していることがわかる院内掲示を行っていること。

    • (イ)自動体外式除細動器(AED)
    • (ロ)経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
    • (ハ)酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
    • (二)血圧計
    • (ホ)救急蘇生セット
    • (ヘ)歯科用吸引装置
  • カ)診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。ただし、医科歯科併設の保険医療機関にあっては、当該保険医療機関の医科診療科との連携体制が確保されている場合は、この限りでない。
  • キ)歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。
  • ク)当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法やその対応等、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

大きな開閉式換気窓を設置

インフルエンザや、
コロナウィルス対策として換気を徹底しています
当医院では医院の設計・建築段階から換気を重要視して各診療台、階段、廊下、待合室に大きな開閉式換気窓を設置しています。
窓は開閉式ではなく、フィックス(固定式=開閉不可能)の方がデザインに優れ、安価で済むのですが、健康の為に快適な身体に優しい開閉式窓にこだわりました!
そもそも、アマルガムより発生する有毒ガスの水銀蒸気の換気、化学物質過敏症で来院する方の為にホルムアルデヒドなどの有害ガスの換気の為に大きな開閉式換気窓を設置しましたが、最近ではインフルエンザウィルスやコロナウィルスなどの感染予防対策に役立っています。
各診療台に
大きな開閉式換気窓を設置
  • 東館(旧館)の窓
  • 西館(新館)の窓
階段や廊下、待合室にも
開閉可能な窓を設置
階段や廊下、待合室の窓

新鮮な屋外の空気を、
患者さんの口腔内に送り込む設計

医院建設の設計段階から感染対策を考慮しています。
歯科の治療で使用する切削ドリルは、コンプレッサーで空気を取り込みエアタービンを回します。
治療時に出る汚染された空気は口腔外バキュームで吸い込み外に排出します。
このコンプレッサー(新しい空気の取り込み口)と、バキュームの排出口(汚染された空気の出口)が、同じ機械室に設置されている場合があります。コンプレッサーで空気を取り込むときにフィルターである程度はろ過されますが、水銀蒸気やウィルスはろ過されません。 中垣歯科医院では医院の設計時から、コンプレッサー(新しい空気の取り込み口)と、バキュームの排出口(汚染された空気の出口)を出来るだけ離れた場所に設置し、屋外の新鮮で安全な空気を取り込み診療台へ送り込み、口腔内から吸引した汚染物質は濾過して屋外の安全な場所への排出(液体は下水へ、気体は排気口へ)を行なっています。

清潔・不潔の分離が
感染対策の基本です

清潔
空気を送りこむ
コンプレッサー
コンプレッサーは、切削ドリルやスリーウェイシリンジ
(空気と水を噴射して治療部位を清掃する機械)から
口腔内に噴出される空気を取り込みます。
  • *

    コンプレッサー

  • *

    スリーウェイ
    シリンジ

  • *

    切削ドリル

不潔
汚れた空気を排気する
バキューム
バキュームで患者さんの口腔内・外から吸引された唾液、
血液、粉塵、呼気を吸引し、フィルターで濾過し
速やかに屋外に排気します。
しかし、ウィルスや水銀蒸気は濾過されません!
  • *

    換気口

  • *

    バキューム

  • *

    口腔外
    バキューム

口腔内に送られる空気の取り込み口と
汚れた空気の排気口がどこにあるか
考えたことはありますか?

空気を送りこむコンプレッサーと、
汚れた空気を排気するバキュームが
同じ機械室にある場合

危険!不潔:汚染された空気が蔓延
危険!不潔:汚染された空気が蔓延

画像をタップして拡大

機械室の中に口腔外吸引器と
コンプレッサーがあると
汚染物質の循環が起こります
もし、口腔外吸引器とコンプレッサーが同じ機械室の中にあったなら、コンプレッサーによって再び他の患者さんの口腔内に汚染物質が噴出されることになります。
口腔外吸引器内のフィルターで汚染物質はある程度ろ過されますが、水銀蒸気やウィルスまではろ過されません。

中垣歯科医院の医院設計

空気を送りこむコンプレッサーと、
汚れた空気を排気するバキュームが
屋外で離れている場合

安全!清潔:新鮮な綺麗な空気
安全!清潔:新鮮な綺麗な空気

画像をタップして拡大

  • *

    屋外に設置された
    コンプレッサー(新鮮で清潔な屋外の空気を取り込む)

  • *

    屋外に向いた排気口(汚染物質は濾過して速やかに屋外に排出)

清潔と不潔の分離
口腔内に空気を送り込むコンプレッサーと
汚染物質の排気口が離れているので
清潔で安心です。
新鮮な屋外の空気を
患者さんの口腔内に送り込む設計
口腔外吸引器とコンプレッサーが屋外で離れている場合、切削ドリルやスリーウェイシリンジから口腔内に噴出される空気は屋外に設置されたコンプレッサーによって屋外の新鮮な空気が供給されます。
患者さんの口腔内・外から吸引された唾液、血液、粉塵、呼気はフィルターでろ過され速やかに屋外に排気されます。
汚染物質の排気口とコンプレッサーの屋外の空気の取り込み口が近接している場合、汚染物質の循環が起こり、ウィルスや毒物である水銀蒸気の被曝が起こります。
中垣歯科医院の排気口とコンプレッサー

中垣歯科医院ではこのように、
空気を送りこむコンプレッサーと、
汚れた空気を排気するバキュームが
十分に離れた場所に
設置されているため安心です!

患者さんごとに滅菌した
切削ドリル

*

清潔な歯科用切削ドリル
患者様ひとりひとりをHIV(エイズ)・HAV(A型肝炎)・HBV(B型肝炎)・HCV(C型肝炎)等の感染から守るため、 当医院ではエアータービン(歯科用切削ドリル)を患者様ごとに一本一本滅菌しています。
また、一日の来院患者数より多くの切削ドリルを用意して患者さんごとに滅菌した清潔な切削ドリルを使用しています。

切削ドリルの使いまわしが
問題となっています!

歯科医院で使用される道具は
必ず安全・安心できるものと、思い込んではいないでしょうか?
切削ドリルの使いまわしは、
新聞記事でも取り上げられるほど問題となっているのです。

  • 新聞記事2
  • 新聞記事3
たくさんの切削ドリル、専用滅菌器、短時間(7分)で滅菌が可能

これらにより、患者さんごとの
切削ドリルの滅菌が可能なのです

切削ドリルの滅菌の流れ

  • STEP 01

    *

    超音波清浄器
    治療に使う器具は、普通に水で洗うだけでは清潔にはなりません。電解水で洗浄の後、さらに超音波洗浄器でこびりついたガンコな汚れまで除去・洗浄しています。
  • STEP 02

    *

    オイルディスペンサー
    歯を削る器具は、作りが複雑なため汚れも蓄積しやすいです。一見きれいそうでも、実は汚れが隅々まで入り込んでいて、肉眼ではわかりません。中垣歯科医院では「クワトロケア」というオイルディスペンサーを使って、器具の隅々の汚れまでしっかりと洗浄しています。洗浄にはオイルを使用するのですが、この洗浄オイルも無害のものを使用しています。注入されたオイルはすぐに泡状になり、自動ディスペンサーの働きで器具の内部の隅々まで充分に行き渡って汚れを取り除いてくれます。
  • STEP 03

    *

    タービン(切削ドリル)専用
    高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)
    電解水での洗浄、超音波洗浄の後、STATIM2000という特殊なオートクレーブ(滅菌器)により器具を完全に滅菌しています。従来の滅菌器は60分近く滅菌に時間を要しますが、この滅菌器だと7分で滅菌が可能なので、全ての患者さんに滅菌した器具を使っていただけます。
    *

熱に弱い器具は
ガス滅菌をしています

塩素の7倍の殺菌力

オゾンガスによるガス滅菌
切削ドリルやピンセット、ミラーなどは熱に強く高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)で滅菌可能ですが、熱に弱い器具は塩素の7倍の殺菌力を有するオゾンガスによるガス滅菌を行っています。

熱に強い器具は、高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)で滅菌しています

2台の
高圧蒸気滅菌機を
用途に合わせて
使い分けています!

  • *

    切削ドリル
    専用

  • *

    ピンセットや
    ミラーなど

様々な電解水生成器を
導入しています

お口の中の洗浄・うがい、手指の清潔の徹底、院内感染予防

次亜塩素酸殺菌水
次亜塩素酸殺菌水は、歯科医院内で万能な殺菌水です。患者様のお口の中を洗浄するスプレー水、うがい水をはじめ、歯石取りやドリル等で使用している水にも使われています。
また、機具を痛めずに1次消毒ができ、菌がよく繁殖している排水溝もピカピカになります。従業員全員の手洗いにも使用し手指の清潔の徹底や、院内の清掃など、院内感染予防にも役立ちます。

clean&safety

厚生労働省でも
安全性が実証された機能水
当院では、清潔な院内環境を保つため、微酸性次亜塩素酸水生成装置「コアクリーン」を導入しています。コアクリーンで生成した「コアクリーン水」は、治療器具をはじめ、院内の椅子や床、スタッフの手洗いやうがいに利用しています。
  • 1.厚生労働省に認められた安全性※厚生労働省より2014年6月10日に食品添加物指定正式認可(官報3378号)
  • 2.院内を清潔に保つための清掃・除菌効果
  • 3.弱酸性なのでお肌にやさしい
*

その他にも「EPIOS」や「Aqua Pro 21」など、様々な電解水生成器を導入しています。

  • 高純度活性化次亜塩素酸水で
    院内を清掃しています。

    • *

      診療台は、抗菌成分である銀イオンを含有したレザー、塗装を使用しています。

    • *

      診療台は絶えず電解精製水で消毒しております。

    • *

      医院内の床は電解水を散布し、吸収可能な掃除機で吸収し、除菌・洗浄しています。

  • 次亜塩素酸水を室内に噴霧!空間ごと除菌します。

    • *
    • *
  • 待合室と受付に患者様手指消毒用次亜塩素酸水と
    アルコールをご用意しています。

    • *
    • *

逆流防止装置

*

切削ドリルが唾液や血液を吸い込まない
ように逆流防止装置が付いています!
「ハンドピース」という歯を削る器具の動きを止めた時、口の中の唾液や血液がハンドピースに逆流して吸い込まれることがあります。このまま器具を使い続けると前の患者さんの唾液や血液等が次の患者さんの口の中に入ってしまいます。(こわいですね!)そういうことが起こらないように、中垣歯科医院の診療台には、逆流防止装置がついています。

口腔外バキュームで
汚染物質の飛散を防止

*

口腔外バキュームの排気は
フィルターでろ過して屋外へ
歯を削ったときの細かい削りカスが空気中にまっていると思うと…ちょっとゾッとしますよね。この細かい削りカスは、空気清浄機だけでは取りきることができません。口の中だけでなく、口のすぐ外側にもバキュームを置いて、削りカスが空気中に散っていかないようにしています。
当院では口腔外バキュームを各診療台に設置して汚染した粉塵が院内に飛散するのを防止してフィルターでろ過して屋外に排出口から排出するようにしています。

濾過フィルター

診療台から出る水の汚染が
問題になっています!
記事を見る
ご安心ください!
診療台から出てくる水と空気は
フィルターでろ過されているので清潔です!
治療中、口の中に使う水と空気は、診療台の中の歯科用除菌フィルター(超微細孔:0.1ミクロン)によりろ過されるため、常にクリーンです。 院内で感染することを防ぎ、安心して治療頂けます。
*

その他の感染予防対策

  • 空気清浄機
    *

    空気清浄機を設置して、院内の空気を常にキレイに保っています。

  • スリッパ殺菌ディスペンサー
    *

    院内用スリッパは、患者様に気持ちよくご使用頂けます様、常に殺菌済 みのクリーンなスリッパをご用意しております。 光触媒加工の専用スリッパを、使用毎に専用ディスペンサー内で紫外線殺菌し、清潔な状態を保っております。

  • ディスポーザブル

    器具の使い回しによる感染を防ぐため、紙コップ、紙エプロン、グローブ、マスクなどはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

    *
  • 器具は患者さんごとに毎回滅菌
    *

    ピンセット、ミラー、探針などは患者様ごとに滅菌したものを使用します。

  • 各診療台に
    ウィルスブロッカーを設置

    二酸化塩素配合の除去・除菌成分が、診療台の診療台の周囲に浮遊するウィルスや菌を除去します。

    *
  • スタッフの健康管理
    *

    当院のスタッフには検温・問診を徹底しています。

中垣歯科医院では、
医院で使用する水を殺菌水に
変える予定です。

ページの先頭へ戻る