MENU

Periodontal disease

全身への健康被害

*

歯周病は様々な
全身疾患と
関連している
ことが解っています
歯周病菌に関係する悪玉細菌は数10種類いますが、
その中にレッドコンプレックスと呼ばれる歯周病極悪3菌種がいます。
レッドコンプレックスは歯を支える歯周組織を破壊するだけでなく、
血管内に侵入して全身を巡ることで(菌血症)、血管の老化(血栓・動脈硬化など)を引き起こし、
さらに全身にもダメージ(糖尿病・心臓病・脳梗塞など)を与えます。

自覚している症状は、
氷山の一角かもしれません

*
*

例えば、歯肉からの出血(歯周病)が主訴で、歯科医院を受診した患者さんがいます。
全身疾患が無いかという問診で、通院・投薬中の高血圧の症状があり、それに歯周病が関与していることがわかりました。
このとき、患者さんが自覚している症状は高血圧のみです。
しかし水面下では、本人は気がついていないだけで、動脈硬化、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞やアルツハイマーなど、
歯周病が関与している疾患が密かに始まり進行しているかも知れません。

歯周病が引き起こす・
リスクを拡大する全身疾患

*

口腔内の悪玉細菌である歯周病菌・虫歯菌は歯肉の傷口(歯ブラシや歯石取りなどによる)から容易に血管内に侵入して血流に乗って全身を巡り、血管や全身の臓器にダメージを与えます。
口腔内の悪玉細菌(歯周病菌・虫歯菌)がもたらす健康被害は、新聞でも大きく取り上げられています。

  • 肺炎・糖尿病・
    早産・
    動脈硬化への影響
    (歯周病菌)
    記事を見る
  • 脳梗塞への影響
    (歯周病菌)
    記事を見る
  • アルツハイマー
    への影響
    (歯周病菌)
    記事を見る
  • 皮膚病への影響
    (歯周病菌)
    記事を見る
  • 脳出血への影響
    (虫歯菌)
    記事を見る

歯周病極悪3菌種:
レッドコンプレックスとは

歯周病菌極悪3菌種
歯周病菌の中で最も悪い3菌種
口腔内には約900種類の細菌が住んでおり、その内の数10種類が歯周病に関係する悪玉細菌です。
その歯周病菌の中で最も悪いと言われているのが、レッドコンプレックスと呼ばれる歯周病極悪3菌種です。
レッドコンプレックスは歯を支える歯周組織を破壊するだけでなく、血管内に侵入して全身を巡り(菌血症)、血管の老化(血栓・動脈硬化など)を引き起こし、さらに全身に健康被害(糖尿病・心臓病・脳梗塞など)を与えます。

テレビでも特集が組まれる
注目の悪玉細菌

トレポネーマ・デンティコーラ(T.d菌)とポルフィノモナス・ジンジバリス(P.g菌)はレッドコンプレックスと呼ばれている極悪歯周病菌の3菌種の内の2菌種で、NHKの健康番組「試してガッテン」で【ジンの輔】【ヘビ蔵】とあだ名をつけられてイラストと共にお茶の間レベルまで紹介された、今注目されている話題の歯周病菌です。

  • *

    P.gingivalis菌
    テレビでは、「ポルフィノモナス・ジンジバリス」のジンを取って「ジンの輔」と紹介されたこともあります。
  • *

    T.denticola菌(スピロヘータの一種)
    テレビでは、「トレポネーマ・デンティコーラ」の見た目がヘビに似ていることから「へびぞう」と紹介されたこともあります。

これらの悪玉細菌たちが、歯を支えている歯周組織(骨・歯肉)を破壊、歯周病を重篤化させ、全身の健康被害を引き起こしてしまうのです。

菌血症とは

口腔内の傷口から、歯周病菌が血管に侵入…
菌血症とは、血流に乗って細菌が全身を巡ることです。
歯ブラシや歯石取りや抜歯など(観血的処置)を行った直後は、一時的に口腔内の悪玉細菌(歯周病菌など)が傷口から血管内に侵入し、血流に乗って全身を巡る菌血症となることが解っていて問題となっています。
悪玉細菌の歯周病菌の中でも、レッドコンプレックスと呼ばれる歯周病極悪3菌種(P.ginngivalis, T.denticola, T.forsythensis)を中心とした極悪細菌(歯周病菌)は、歯周組織だけでなく血管と身体を蝕みます。
口の中の細菌・病巣が
全身疾患を引き起こす
菌血症発症の流れ

横にスワイプしてご覧下さい

菌血症発症の流れ

歯周病菌は歯を支えている骨を溶かすだけでなく、
血管や身体にも深刻な影響をもたらします。

歯石取り後、90秒で血液中に歯周病菌が検出されます

歯石取りを開始して1分30秒後に採血 上腕の血管から歯の細菌が検出

鶴見大学歯学部探索歯学講座 花田信弘教授の報告によると、歯石取りを行った90秒後、腕から採血し、その血液を培養すると歯周病菌が検出されます。歯石取りにより、歯周病菌などの細菌が血流に乗って全身を巡る菌血症が起きている証拠です!

日本赤十字社は、
歯石取り後
3日間の献血を禁止しています

歯科医院で歯石取りや抜歯などの観血的処置(出血を伴う処置)を受けた直後の3日間は献血できないことをご存知ですか?
日本赤十字社は歯科で歯石取りや抜歯など観血的処置を行った後、3日以内の献血は受付けていません。
観血的処置時に傷口から侵入した口腔内の悪玉細菌(歯周病菌など)が血液内に3日間は残っているため、輸血を受けた患者さんに深刻な影響を及ぼす危険性があるからです。
このことは輸血を受けた患者さんだけでなく、歯石取りや抜歯などの観血的処置を受けた本人にも直接深刻な影響を及ぼすことを意味します。

日本赤十字社 献血パンフレット
お願い!

歯と血管と身体のために、歯周病菌が血流に乗って全身を巡る
菌血症を口腔内で食い止めなければなりません!

ページの先頭へ戻る