TOP  > 歯周病の基礎知識

歯周病のこと、どのくらい知っていますか?

ブラッシングが不十分だと食べかすが口の中に残り、口腔内の細菌が食べかすを栄養源として歯の表面に膜状のプラーク(歯垢)を形成します。歯周病とは、このプラークが歯ぐきなどの歯周組織に炎症を起こし、やがては顎の骨を溶かして、最悪の場合、歯が抜け落ちるリスクがある感染症です。虫歯のように鈍痛などの症状が出にくいため放置しがちですが、自然に治癒することはないため感染した場合は進行を防ぐために早期の治療が必要です。

歯周病の進行段階

歯肉炎

歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病菌によって炎症が起きると、歯と歯ぐきの間が腫れてすき間が広がり、仮性(歯周)ポケットができます。

歯周炎

細菌が歯と歯肉の間にある組織(歯根膜)を破壊し、仮性(歯周)ポケットが広がったものを真性(歯周)ポケットと呼び、この段階まで進んだ状態を歯周炎といいます。

歯周炎の進行段階 症状
軽度【ポケットの深さ】:3mm以上4mm未満
歯ぐきが赤く膨れ、ブラッシングや食事のときに出血しやすくなります。歯を支えている顎の骨が少し溶け始めています。歯のグラつきはほとんどありません。
中度【ポケットの深さ】:4mm以上6mm未満
主な症状は歯ぐきの腫れと出血です。顎の骨が3分の2以下になり、歯がグラつく場合も。歯ぐきから膿が出たり、口臭が出たりするケースもあります。
重度【ポケットの深さ】:6mm以上
顎の骨が2分の1以下になります。歯のグラつきがひどくなり、食事もままならなくなります。出血や膿の量が増え、口臭はさらにひどくなります。
末期【ポケットの深さ】:6mm以上
歯槽骨(骨)が4分の1以下になり、支える基盤を失った歯はグラグラで咬めません。口臭、膿、出血、口腔内の粘つきがひどくなり、自然に歯が抜けてしまうこともあります。ここまできたら、抜歯の対象になります。

この歯周病の発症と進行にはさまざまな危険因子が関与しています。このページでは、主に最大の原因である歯周病菌を中心に解説してきましたが、歯周病を確実に治癒するには、細菌だけでなく、咬み合わせ・全身(免疫機能)からのアプローチが重要です。

様々な歯周病の検査

レントゲン検査

パノラマ撮影(口腔内全体X線写真)で、お口の中全体のレントゲン写真を撮影します。
世界のトップランクにあるフィンランドのプランメカ社の最先端テクノロジーを駆使した、 デジタルパノラマX線装置、プロラインダイマックスを導入し、より患者様に優しい環境になりました。 従来のレントゲンに比べ被爆量が3分の1から10分の1以下となっています。 また今までの現像液なども使わず、医療廃棄物もなく、自然界にも優しいです。 撮影した画像は全てコンピューターで管理し、現像時間もないので、すぐにチェアーサイドのコンピューター液晶画で ご覧いただけます。レントゲン画像の劣化の心配もございません。

「デジタルパノラマレントゲン」を詳しく見る

歯周組織精密検査

1.歯肉の状態がひとめでわかる 2.改善OR悪化がわかる 3.データを長期デジタル保存

歯周精密検査表(歯周病の進行度合いのバロメーター)の見方

歯周病検査表

検査表はお口の中を一列にして表示しています。鏡で歯をみた状態とは左右が逆になりますので注意してください。

  • 歯周検査表の読み方と、各検査項目から何が解るのかを解説します。

歯周ポケット

歯周ポケットの検査

歯と歯ぐきの境にある溝(ポケット)の深さを測定します。
数値が高いほどはを支えている骨が溶けている事を表します。

ポケットの深さ(mm)

ポケットの深さ(mm)の数字を表します。1歯につき歯の周りを6箇所検査します。2mmまでは正常です。

歯ぐきの出血(BOP)

ポケット検査時の出血の有無を検査します。
この出血があるということは、歯肉に炎症を起こしているというサインになり、立派な歯周病と診断されます。

動揺度

歯周ポケットの検査

歯のぐらつき具合を測定します。
ピンセットで歯を動かしてみて、どれだけ動くのかを調べます。

歯周病で歯を失うことは、歯がグラグラになって抜けてしまうことを意味します。

プラーク

歯みがきが上手にできているかどうかをチェックします。
磨き残しのあったところは、赤く表示されています。

横向きの三角が赤い場合、歯と歯の間縦向きの三角が赤い場合、歯と歯の唇、頬側または下側に磨き残しがあります。

歯周病で歯を失うことは、歯がグラグラになって抜けてしまうことを意味します。

PRC(プラークコントロールレコード)
磨き残しを%で表示しています。理想は10%未満です。

PRC(プラークコントロールレコード)

歯周精密検査表(歯周病の進行度合いのバロメーター)改善例

検査表がカラフル(色とりどり)なほど悪い状態、モノトーン(白黒)なほど良い状態です。
下の患者さんの様に最初はカラフル(色とりどり)でも治療をすると歯肉の状態が改善しモノトーン(白黒)になっていきます。
でもモノトーン(白黒)になったからといって油断は禁物です。また悪化しカラフル(色とりどり)になることもあるのです。メンテナンスが重要です。
歯周病の初期症状は自覚症状が殆ど無いので、歯科医院で定期的に検査をし、家で取れない汚れをクリーニングしてモノトーン(白黒)を維持していくことが重要です。
当医院はデジタル化により、検査表も劣化せず長期にわたって保存しています。

歯周病の改善例

顕微鏡検査

除菌治療を行うと、口腔内の細菌叢が改善します。下の症例1~6をご覧ください。

症例の掲載は患者様許可済み

症例1 50代 男性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    いくら磨いても歯茎の出血が止まりません。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    薬でこんなに動く菌がいなくなってびっくりしました。 朝起きたときのネバネバ感が無くなりました。

症例2 50代女性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    こんなに菌がいるんですね。
    これが口臭の原因なんですね。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    こんなにきれいに変わるんですね。
    口の中がすっきりしてきました。口臭もなくなりました。

症例3 40代男性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    エッ 口の中ってこんなに菌が動いているんですか。
    それで歯肉から出血したりするんですね。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    除菌するとこんなに変わるんですか。
    気持ちよくなったのでまた頑張って定期健診に来ます。

症例4 40代男性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    前の医院で歯肉の手術を勧められているんです。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    除菌すると変わりますね。
    気持ちよくなりました。手術せずにすみました。

症例5 50代女性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    歯がぐらぐらしてどうしていいか分からなかったんです。この菌のせいなんですね。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    こんなに変わって歯もぐらぐらが少なくなりました。

症例6 50代女性

  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    あんなに磨いたのにどうしてこんなに菌がいるんですか。
  • Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

    Get Adobe Flash player

    除菌したらこんなに口の中がスッキリして気持ちよくなりました。
歯周病菌の遺伝子検査

なぜ遺伝子診断が必要なのでしょうか?

医科では、いろいろな検査が客観的に科学的に外注検査として行われています。特に血液や体液のDNA分析によりさまざまな病気の診断が行われています。

これまで歯科では、染め出し検査や歯周ポケット検査など,術者の主観に基づく院内での検査が多く,客観性や科学性に欠けるという問題点がありました。

リアルタイムPCR法による歯周病菌やカリエス原因菌の遺伝子検査は客観的で科学的な検査です。

歯科の分野でもそのような科学的な検査が必要とされる時代が到来しつつあるのです。

当院は,患者様の負担を軽減させ,科学的根拠に基づき歯周病菌を遺伝子レベルで検査を行い治療していく医院です。

衛生検査施設であるMicroexam社の認定を受けている数少ない認定医療機関です。

皆様の安全を第一に考え,安心して通っていただける医院を目指しております。

認定証

・歯周病菌の検査で一番正確な検査と言われているのがリアルタイムPCR法による遺伝子検査です。

・リアルタイムPCR法では歯周病菌の種類を測定することができます。

顕微鏡検査と同様に遺伝子検査は全く痛くありません。

リアルタイムPCR法とは?

リアルタイムPCR法の実際①

1)歯周ポケットの深い部位を選択し、唾液が混入しないように防湿します。

2)滅菌ペーパーポイントを挿入します。痛みは全くありません。

3)滅菌チューブに入れます。

4)乾燥剤の入った専用の容器で一晩保管します。

リアルタイムPCR法の実際②

5)試料をマイクロピペットを用いて作製します。

6)遺伝子解析を行います。

リアルタイムPCR法で使用する機械

Rotor-GeneQ(遺伝子解析装置) QIAgility(自働分注器)

Red Complexとは

お口の中には約900種類の細菌が住んでいます。数十種類が歯周病に関係してる菌です。その歯周病菌の中で最も悪いと言われているのがRed Complex(3菌種)です。

顕微鏡で確認できるのは形が特徴的なT.denticolaのみです。
P.gingivalis菌とT.forsyensis菌は非常に小さい桿菌なので顕微鏡では判別できません。
そのためにリアルタイムPCR法による遺伝子診断が必要になります。

対象細菌 〔歯周病原因菌〕

必須検査 Red Complex(3菌種)
①P.gingivalis ポルフィノモナス・ジンジバリス
②T.denticola トレポネーマ・デンティコーラ
③T.forsythensis ターネレラ・フォーサイシス

④A.actinomycetemcomitans
⑤P.intermedia
⑥Fusobacterium nucleatum
⑦Candida albicans

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

RED Complexの数がどのくらいなら良い状態なのでしょうか?

一般的には3菌種の合計が10,000匹以下なら良い状態であると言われています。

一見多いように思いますが,お口の中全体には恐ろしいほどの数の細菌がいます。
歯垢1gに1億匹ですから10000匹以下というのは非常に少ないのです。
除菌治療を受けられた患者さんの中には,Red Complexがゼロという方も多数いらっしゃいます。

歯周菌数診断基準値

歯周菌数診断基準値

P.G・T.d・T.fは10000以下だと非常に綺麗だということですね

・日常生活を行う上でRed Complexをゼロに保つのは非常に難しいことです。

・歯周病治療において,感染している菌の数が多くなければ症状は出ませんので,その数を抑えることが必要です。

そのため,毎日の歯磨きや定期的な検査とプロの歯磨きを受けて管理をすることがとても重要なのです。

できたら,年に一度Red Complexの検査を受けられることをお勧めします。

臨床検査(血液・尿・便検査)

尿や便を取ってアメリカへ送り、評価して検査する方法です。

進化する歯周病治療法

固定しない治療のススメ

ブリッジなどの歯を連結する治療は、スムーズな呼吸などの妨げになることがあります。当院はトラブルを避けるために歯を連結せずにインプラントなどの治療を行っています。

中垣歯科医院の固定しない治療はこちらから

ヒールオゾン療法

当院は、最新の虫歯治療法であるヒールオゾン療法を扱っています。オゾンの力を使うことで、これまでに削らなくてはいけなかった虫歯でも削らずに治療ができるようになりました。

中垣歯科のヒールオゾンについてはこちらから

歯周病の治療法について

PAGE TOP