TOP  > 歯周病治療の進め方

歯周病治療の流れについて

大阪歯周病治療センターの歯周病治療の流れをご案内します。当院では患者様とコミュニケーションをとりながら治療を進めていますので、質問や心配なことなどがあれば遠慮なくお申し付けください。

初診
まずは視診し、お口の中の状況を確認します。現在どのような症状がでているのかをお聞かせください。

レントゲン(口腔内全体X線写真)撮影
歯周病は歯周組織を溶かす病気です。肉眼では確認できないため、レントゲン撮影を行って歯周病の進行度合いをチェックします。

細菌検査
お口の中にいる細菌の数をチェックする検査です。顕微鏡を使って、患者様にも映像でご確認いただくこともできます。

口腔内写真撮影
治療前後の状態を比較できるように、治療前に口腔内の写真を撮らせていただきます。

歯の型どり・模型作成
より正確な診断を行うために、型どりをして模型を作成します。

歯周病ポケット検査
歯周病の進行度合いは、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)の深さで把握できます。

ブラッシング指導
歯並びや磨き方のクセを確認し、あなたに合ったブラッシング方法をお教えします。歯科医院でのケアだけでなく、ご自宅でのブラッシングも大事ですのでぜひ覚えてください。

治療計画
一連の検査が終わりましたら、口腔内の状態や歯周病の進行度合いをふまえて治療計画を立てます。

歯周病治療
治療計画にもとづいて、歯周病治療を行います。

当院の治療コンセプトについて

PAGE TOP