TOP  > 歯周病の原因除去について

歯周病の原因除去について

※歯周病の発症は、原因(細菌:歯周病菌)とそれに対する抵抗力(免疫力)のバランスで起こります。また他(力:咬合力など)にも歯周病の進行を早める要因も存在します。 しかし、原因(歯周病菌)が無ければ歯周病は起こり得ません。 ここでは、歯周病の原因についてしっかりと理解を深めて欲しいので、原因に焦点を絞り説明しています。

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・原因は歯石ではありません。細菌です。
細菌の塊が歯垢(プラーク)です。
・歯垢(プラーク)と歯石は違います。(歯石≠細菌)
・歯石は、歯垢(プラーク)が生体防御反応により毒性が落とされた結果の産物であり、原因ではありません。
しかも、歯石は歯周ポケットの入り口付近に付着してバリアーとなって新たな毒性の高い歯垢(プラーク)=細菌の塊がポケット内部に侵入するのを防いでいる歯と身体の味方なのです。

詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は細菌です。

歯石は身体の防衛反応で細菌が固まった結果です。

・原因は歯石ではありません。
・歯垢(プラーク)と歯石は違います。(歯石≠細菌)
・歯石は、歯垢(プラーク)が生体防御反応により毒性が落とされた結果産物であり、原因ではありません。
・原因と結果を区別して考えることが重要です。
・結果(歯石)にアプローチするのではなく原因(歯垢)にアプローチしなければなりません。原因(歯垢=プラーク)の徹底除去が重要

原因と結果の区別についてはこちら

 

 

歯周病の原因は細菌です。歯石は身体の防衛反応で細菌が固まった結果です。

・歯垢(プラーク)1グラムに約1億個の細菌が含まれています。
・この中に悪い歯周病菌が多いと歯周病も進行しやすくなります。
・特にレッドコンプレックスと呼ばれる特に悪い3菌種が分かっています。

レッドコンプレックスについて詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・位相差顕微鏡では、おおまかな細菌の存在が分かりますが、細菌遺伝子検査(リアルタイムPCR法)を行うことで、より客観的で明確な原因細菌の特定が可能となりました。
・ 当院では、レッドコンプレックスを含む極悪5菌種の存在を、細菌遺伝子検査(リアルタイムPCR法)で特定し追跡していきます。

細菌遺伝子検査(リアルタイムPCR法)について詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・ 定期的に歯科医院に歯石取りに通っていませんか?
・ 悪い歯周病菌が多ければ、歯周病が治らないだけでなく、むしろ身体に悪影響を及ぼします。
・ いきなり歯石除去をしてしまうと、炎症を起こしている歯肉は傷つきやすいので、歯肉を傷つけ出血が起こり、傷口から悪い歯周病菌が血管の中に侵入します。

BOPについて詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

菌血症:細菌が血流に入り込み全身を巡ること
歯原性菌血症:歯科領域の細菌が原因の菌血症

血管内に入った歯周病菌はまず血管壁を傷つけ、さらに動脈硬化を促進し、やがて心疾患、脳疾患、糖尿病、高血圧、早産、アルツハイマーなどの引き金となります。これを歯原性菌血症と言います。

歯原性菌血症について詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・まず歯垢(プラーク)に焦点を当てて、正しく除菌することが重要です。
・歯原性菌血症を起こす危険があるため、歯石除去の前に安全な除菌治療をしなければいけません。
・当院でお勧めする除菌治療は、痛くなく、歯茎を切る事もありませんのでご安心ください。

当院の除菌治療について詳しくはこちら

 

 

悪い歯周病菌を選択的に除去し、除菌効果を継続するためには、マウスピース除菌を併用すると効果的です。

悪い歯周病菌は歯の周りに多くいますので、個々の患者さんに合わせたマウスピースを用い、薬剤や洗浄剤などを選択的に効かせることで、口腔内にいる他の良い細菌への影響や口腔粘膜組織への影響を最小限に抑えることができます。

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・日常的にマウスピースを使用して除菌することで、より高いレベルのケアをすることができます。
・歯磨きに加えて、これを習慣化すると非常に効果的です。
・当院では、ペリオプロテクトと呼ばれる非常に精密な除菌専用のマウスピースを作製しています。

ペリオプロテクトについて詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・除菌治療効果の継続のために、マウスピースを用いたオゾンガスによる除菌を定期的に行うことが有効です。
・そのために当院では、オゾンニトロンを導入しています。

オゾンニトロンについて詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・バクテリアセラピーは、ノーベル生理学・医学賞審査本部が産学協同開発した、口腔内細菌を管理する新しい方法です。
・良い細菌が定着すると、口腔内環境を改善し、悪い細菌が増えるのを防いでくれます。これにより再発防止が期待できるのです。
・また、効果は口腔内のみにとどまらず、便秘や下痢の改善、アレルギーへの効果なども期待できます。

バクテリアセラピーについて詳しくはこちら

 

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

・原因が一度除去できたとしても、実はそれを維持していくことが必要で難しいことなのです。
・細菌置換療法を行い、マウスピース除菌を習慣化し、口腔内細菌を良い状態に保っていかなければなりません。
・外からの再感染も気を付けなければなりません。
・定期的に細菌遺伝子検査(リアルタイムPCR法)による評価、オゾンニトロンによる除菌をしていくことがお勧めです。

細菌置換療法について詳しくはこちら

PAGE TOP