TOP  > 何故、虫歯・歯周病が治らないのか?  > 何故、虫歯が治らないのか?

虫歯の悪循環

治しても治しても次から次に虫歯ができる。
それは原因除去が完全にできていないのに結果を解決するためです。

すなわち、

原因:歯垢=プラーク(=細菌の塊)を完全に除去しないで 結果:虫歯治療 を行うからです。

結果(虫歯)を解決(治療)しても原因(プラーク=歯垢=細菌の塊)が解決(除菌)できていないと結果(虫歯)は再発します。

原因除去(除菌)がパーフェクトにできれば結果(虫歯)の進行はストップします。

 

虫歯 二次カリエス(=二次齲蝕)

原因(歯垢=プラーク=細菌の塊)の完全除去ができていなければ虫歯を治療しても詰め物と歯質の隙間からまた、虫歯を再発します。 一度治した虫歯が再度虫歯になる事を二次カリエス(=二次齲蝕) といいます。
原因除去が完全にできていれば治療した隙間から再度虫歯はできません。

むし歯

むし歯

たくさんの虫歯のあとがあります。詰め物=白く見えます(15か所)

1つ目の虫歯を治療後、徹底的に原因である歯垢=プラーク(=細菌の塊)パーフェクトに除去できていれば、こんなに虫歯治療を 繰り返さずに済んだのです。

 

いきなり結果を解決してはいけません

虫歯も、歯石歯肉の腫れ結果です。

いきなり虫歯治療や歯石取りを行い、結果を解決しても原因が解決していないのでまた再発してきます。

虫歯や歯石、歯肉の腫れの原因プラーク=歯垢(=細菌の塊)です。

原因を解決しないかぎり、治療→再発→治療→再発→治療・・・・の悪循環は断ち切れません。

しかもパーフェクトに原因を解決しなければなりません。

歯科医療も一般の医療も原因を除去しないで結果を解決するという医療が多いです。

医療の基本は原因の除去です!

 

患者さん:「また歯ブラシ指導ですか?忙しいから早く治療をしてください」

患者さん:「また歯ブラシ指導ですか?」

患者さん:「今までの歯医者でさんざん歯ブラシ指導を受けてきました。もううんざりです。」

患者さん:「私は忙しくて時間がないから早く治療をしてください」

しかし、歯ブラシで原因除去ができていれば今、治療のために診療台の上に座っていないのです。

家に例えると結果から解決する人などいません。原因をまず解決します。

柱や床や屋根の修理に来た工務店の方に修理の前に原因を解決[雨漏りや(火?)やシロアリ]すること勧められたときに忙しいから、時間がないからと原因の解決[雨漏りを止めずに、(火事の火を消さずに?)、シロアリの駆除]をしないで柱や床や屋根を修理する人などいません。

何故かお口のことになると原因を解決しないで結果の解決[虫歯治療や歯石取りなど]から手を付けてしまいます。

歯科医院が苦手なので治療が終わると定期健診にも来なくなる。

私たちが忘れたころにまた再発し来院するという悪循環。原因を解決していないので当然です。

原因(プラーク=歯垢=細菌の塊)の除去の徹底をしてから結果(虫歯、歯石など)の解決を行うということを十分に理解をしてください。

プラーク=歯垢(細菌の塊)→石灰化→毒性の低い歯石を形成してバリアとして利用

ぺリオプロテクトがお勧めです。


現代医療では、原因が分からなくて、
その原因の結果として起こる症状を抑える対症療法しか行うことができない病気があふれています。

頭痛➡頭痛薬、皮膚炎➡塗り薬、肩こり➡マッサージ 高血圧➡降圧剤・・・・・ETC

どれも原因を治していないので根本的に治らず、いつまでもその病気と付き合っていくことになるのです。

しかし、お口の二大疾患である虫歯と歯周病は、その原因が細菌であると明確にわかっています。
細菌の塊である歯垢(=プラーク)を取るという当たり前のことで防ぐことのできる病気なのです。

この細菌を取り除けば、もう二度とかかることのない、防ぐことのできる疾患なのです。

残念ながら、今はこの当たり前のことができていないために、虫歯や歯周病が再発を繰り返しています。
だから歯科医院があふれている状態でも歯科医院は潰れないとも言えます。

PAGE TOP